カルティエのネックレスは、その存在感と気品の高さから買取でも人気の商品です。
カルティエの商品はコンセプトがしっかりしているために、気持ちを込めてプレゼントすることができます。選ぶ際には、そこに籠められたコンセプトに気持ちを乗せるのが良いですね。

スウィート トリニティ ネックレス

ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3連のネックレスです。
ピュアでシンプル。それでいて、キラリと胸元で光るネックレスです。
スウィートという名前がついているように、とても柔らかな光を放ちます。
ルイ・カルティエがジャン・コクトーに依頼され作ったリングだと言われています。
三色のリングはそれぞれ意味があり、ピンクは愛、イエローは忠誠、ホワイトは友情を表現しています。
この3つのリングが絡み合う美しいデザインは、1924年に誕生して以来、ベストセラーとなっています。
三つのカラーが使われているため、他のアクセサリーとの相性も良く、色合わせがし易いネックレスです。

カルティエ LOVEネックレス 18Kホワイトゴールド×ダイヤモンド

「LOVE」コレクションは、1969年に誕生したカルティエの代表的なコレクションです。
愛する人の腕をロックアップするという刺激的なコンセプトで登場した最初のブレスレットは、当時カルティエ、ニューヨークのデザイナーのアルド・チプロによってデザインされました。
貞操帯からヒントを得て作られたモチーフ。
プレゼントされたジュエリーをただ身に着けるのではなく、二つのリングに分解されたブレスレットで愛する人の手を「ロックアップする」という愛の激しい気持ちを、チプロはさりげなく意味を込めたのです。
愛し合う者同士の「信頼」と「愛」を象徴するものとして誕生した「LOVE」ブレスレットは、その後、多くの有名なカップルたちに愛され、ブレスレットからネックレス、リングなど多くのアイテムを生み出し、デザインにおいても幅広い発展を重ねてきました。
ホワイトゴールドとダイヤモンドのホワイトコンビネーションが美しいネックレスです。
ビスのモチーフをあしらったリングとフルパヴェのリングが立体的に絡み合ったデザインになっています。

カルティエ トリニティハートネックレス

ハートがピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3連のネックレスです。
まさに愛の象徴、モーチフであるハートをトリニティネックレスにしました。
純粋な愛の形をこの中に込めたと言って良いでしょう。
ハートのモチーフは、時として子供っぽくもなってしまいます。
しかしカルティエは、トリニティにすることによって大人の可愛さを表現しています。

カルティエ トリニティネックレス スリーゴールド×パール

ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3連のネックレスに、パールがついたとてもゴージャスな一品です。
首廻りに大きさの違うパール、そしてさらにスリーゴールドから伸びて胸元を飾るパール。
パーティのときに、優しい光を放ちながらとても存在感のあるネックレスです。

カレス ドルキデ パル カルティエ ネックレス

ピンクゴールド×ダイヤモンドのそのネックレスは、花をモチーフにしたネックレスです。
まるでそのままそこに咲いたかのような花のデザインは、あなたが笑えば一緒に笑うかのよう。
カルティエはトリニティやLOVEコレクションだけでなく、自然をモチーフにしたデザインもしているのです。
中央に埋め込まれたダイヤモンドはさりげなく光り、シーンを選ばないネックレスとなっています。
普段の中でさりげなく輝くダイヤモンド。それを彩るピンクゴールド。日本人の肌にも馴染みます。

トリニティやLoveコレクションなど超人気のアイテムのあるカルティエは買取でももちろん高値で取引されています。